[ 0011 ]      [杭工法][既製杭工法][埋込み杭工法][中堀り杭工法]

最終打撃工法

 

杭中空部に挿入したオーガにより、杭先端の地盤を掘削し、掘削した土砂を杭中空部を通して杭頭部から排出、杭の自重および圧入により所定深度まで杭を沈設させ、その後ドロップハンマなどで杭頭を打撃し打撃工法と同様の支持力を発現させる工法。

中掘り打撃工法ともいう

最終打撃時に振動、騒音を伴う。

適用杭径は、φ400〜φ1000程度、最大杭長は、80mかつ杭径の110倍程度。

ゆるい地盤でも孔壁の崩壊の影響が少ない特長がある。

 

最終打撃工法

 

 


 

杭工法全般に関するお問い合わせは、東開クレテック株式会社 営業本部

杭工法担当 : 宗形、[工事統括本部]渡邉 まで
TEL. 024-962-2282   /   FAX. 024-962-4303