[ 0014 ]      [杭工法][既製杭工法][埋込み杭工法]

プレボーリング杭工法

 

プレボーリング併用打撃工法

オーガで地盤を先行掘削した後、打込み工法によって支持力を発現させる工法。

打込み工法で打ち貫けない中間層がある場合や振動、騒音を低減する目的で用いる場合が多い。

適用杭径は、φ300〜φ800程度、最大杭長は、杭径の110倍程度。

孔壁が崩壊して杭が支持層に到達せず高止まりする場合がある。

 

プレボーリング併用打撃工法

 

 


 

 

 

プレボーリング根固め工法

いわゆるセメントミルク工法。

掘削液を注入あいながら所定深度(支持層)まで掘削した後、根固め液を掘削先端部へ注入。その後、オーガを引き上げながら杭周固定液を注入し、杭をこの掘削孔に建て込み、圧入または軽打により根固め液中に定着させ、根固め液と杭周固定液の硬化によって杭と地盤を一体化させ支持力を発現する工法。

低振動、低騒音で施工できるが、施工者に対する制限がないので、施工の信頼性から支持力算定式における支持力の評価が低くあまり経済的でない。

また、基本的には地盤と掘削液を置換する工法であるので残土の発生が比較的多い。

適用杭径は、φ300〜φ600程度、最大杭長は、35m程度。

 

プレボーリング根固め工法

 

 


 

 

 

プレボーリング拡大根固め工法

特殊オーガ(各工法によって異なる)で所定深度まで掘削し、根固め液に切換え拡大ビットなどにより杭径以上の球根を築造した後、工法または設計によって杭周固定液が必要な場合にはこれを注入しながらオーガを引き上げ、掘削孔に杭を挿入し、杭自重または杭を回転することで所定深度に定着させる工法。

また、このほかに掘削径と拡大径を同径にした工法もある。

旧認定工法で、認定取得会社の施工による。

根固め液と杭周固定液の硬化によって杭地盤を一体化させ支持力を発現する。

低振動、低騒音で施工でき、支持力算定式における支持力の評価がプレボーリング根固め工法により高く経済的な設計が可能。

適用杭径は、φ300〜φ1000、最大杭長は、80mかつ杭径の110倍程度。

 

プレボーリング拡大根固め工法

 

 


 

 

 

プレボーリング最終打撃工法

施工プロセスが異なるものがあるので、その一例を示す。

掘削液を注入しながらオーガで先行掘削した後、掘削孔に特殊な先端シューや先端金具を取り付けた杭を挿入し、杭頭または先端部を打撃して支持力を発現させる工法。

旧認定工法で、認定取得会社の施工による。

比較的低い振動、騒音で施工でき、支持力算定式における支持力の評価がプレボーリング根固め工法より高い。

なお、先端支持力度が250NApのものと300NApのものがある。

適用杭径は、φ300〜φ600程度、最大杭長は、40m程度。

 

プレボーリング最終打撃工法

 

 


 

杭工法全般に関するお問い合わせは、東開クレテック株式会社 営業本部

杭工法担当 : 宗形、[工事統括本部]渡邉 まで
TEL. 024-962-2282   /   FAX. 024-962-4303