[ 0017 ]      [杭工法][場所打ち杭工法][機械掘削工法]

オールケーシング工法

 

掘削はケーシングチューブを揺動(回転)して押し込みながらケーシングチューブ内の土砂をハンマグラブで掘削、排土することにより行い、鉄筋かごを建て込んだ後、コンクリートの打設はトレミー管を用いて行う工法。

なお、ケーシングチューブの引き抜きはコンクリートの打設に伴い行う。

適用杭径は、φ700〜φ2000程度、最大杭長は、40m程度まで。

 

オールケーシング工法

 
@掘削機を水平に据付け、ケーシングチューブ中心と杭芯を合わせる。
Aケーシングチューブを掘削全長にわたって揺動(回転)・押込みながらハンマグラブでケーシングチューブ内の土砂を掘削する。
B支持層確認後、根入れ掘削を行う。
C底ざらい掘削後、スライム処理バケットを孔底へ投入し沈殿待ちの後、スライムと共に引き上げる。
D地上でかご状に加工した鉄筋を孔内中央に建て込む。
Eトレミー管を挿入する。
Fトレミーでコンクリートを打込む。
Gコンクリート打込みに伴いケーシングチューブおよびトレミー管を引抜き回収する。
H空掘り部分の埋め戻しを行う。

 

 


 

杭工法全般に関するお問い合わせは、東開クレテック株式会社 営業本部

杭工法担当 : 宗形、[工事統括本部]渡邉 まで
TEL. 024-962-2282   /   FAX. 024-962-4303