[ 0019 ]      [杭工法][場所打ち杭工法][機械掘削工法]

アースドリル工法

 

掘削はドリルリングバケットを回転させて地盤を掘削し、バケット内部に収納された土砂を地上に排土する工法。

孔壁の保護は、表層部では表層ケーシングを用い、それ以深は安定液で行う。

鉄筋かごを建て込んだ後、コンクリートの打設はトレミー管を用いて行う。

適用杭径は、φ700〜φ2000程度、最大杭長は、60m程度まで。

 

アースドリル工法

 
@表層ケーシングの建て込み予定深度まで掘削した後、表層ケーシングを建て込む。
A土質に適合した安定液を注入しながら掘削し、支持層の確認後、根入れ掘削を行う。
B底ざらいバケットで一次孔底処理を行う。
C超音波孔壁測定機によりX、Y2方向の孔壁形状を測定する。
D地上でかご状に加工した鉄筋を孔内中央に建て込む。
Eトレミー管を挿入する。
F沈殿物がある場合、二次孔底処理を行う。
Gトレミー工法で所定の位置までコンクリートを打設する。
H表層ケーシング引抜き後、空掘り部分の埋戻しを行う。

 

 


 

杭工法全般に関するお問い合わせは、東開クレテック株式会社 営業本部

杭工法担当 : 宗形、[工事統括本部]渡邉 まで
TEL. 024-962-2282   /   FAX. 024-962-4303