[ 0022 ]      [ヒロセ 補強土工法]

テールアルメ工法

 

テールアルメ工法テールアルメ工法は、フランスで1963年に開発された、鋼材を使用して土を補強し、垂直盛土を構築する工法です。

盛土の中にリブ付きストリップ(帯状・鋼製補強材)を敷設し、コンクリートスキン(ユニット化された壁面パネル)で盛土表層を覆うことにより、垂直で高い擁壁を可能にしました。

高い垂直盛土が構築可能になり、土地の有効利用を実現しました。

テールアルメ工法土をストリップで補強することから補強土と呼ばれ、その原理は現在ある多くの工法の原点となっています。

テールアルメ工法は、世界で、日本で、最も実績の多い工法です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

主な特長

 

 

@垂直盛土のため、最低限の用地幅で済み、土地の有効活用が可能。

 

A規格化されたプレハブ工法のため、熟練工や特殊技術不要。 工事短縮可能。

 

Bフレキシブル構造により基礎地盤への荷重は等分布。 より広範囲な地盤条件に適用可能。

 

C規格品の組み合わせが大半なため、静かな工事環境を実現。

 

Dさまざまな環境用途に併せた対応可能。 カラースキン・デザインスキン・多段積み・塩害対策など。

 

E部材は、日本テールアルメ協会認定工場で製作される規格品。

 

 

 

施工手順

 

 

 

 

 

 

採用実績

 

 

高壁高[兵庫県] 多段積み[愛媛県]

 

 

水辺テールアルメ[和歌山県] 海辺テールアルメ[広島]

 

 

造成[北海道] 鉄道[愛知県]

 

 

橋台使用[滋賀県] R構造[山梨県]

 

 

構造物との取り合い[山形県] 仮設テールアルメ[愛知県]

 

 

アートレリーフ[茨城県] オリジナル模様[沖縄県]

 

 

カラースキン[和歌山県] エコスキン[山梨県]

 

 

 

 


 

 

鋼材を使用して土を補強し、垂直盛土を構築する工法

テールアルメ工法

高い垂直盛土が構築可能なため、土地の有効利用が実現できます。

 

 


 

 

東開クレテック株式会社 ヒロセ株式会社 販売代理店 です。

 

 

 


 

 

ヒロセ株式会社の技術・工法・製品に関するお問い合わせは、

東開クレテック株式会社 営業本部 松本 まで
TEL. 024-962-2282   /   FAX. 024-962-4303