[ 0026 ]      [ヒロセ 補強土工法]                                                                                                                      [NETIS登録CG-040013-V]

NSSブロック

 

NSSブロックNSSブロックは、ブロック間を鉄筋コンクリートで一体化した大型ブロック積擁壁です(道路土工指針準拠)。

胴込め部には、従来使用していたコンクリートに代わり、砕石を使用します。

NSSブロックは、道路土工指針に従い鉄筋構造をとることで、従来のもたれ式擁壁に比べ、コンクリートボリュームの削減、コスト削減が可能です。

 

 

 

 

 

 

 

主な特長

 

 

@NSSブロック擁壁は、「道路土工・擁壁指針」に準拠しており、もたれ式擁壁と同等の構造として取り扱
    うことができる。

 

Aブロックの標準寸法が縦1.5m×横2.0m、1ブロック3uの大型ブロックで、作業効率が向上できます。
    4歩勾配、5歩勾配に対応でき、最大10mまで施工可能。

 

Bブロック間を連結させる鉄筋(縦貫鉄筋)が定規代わりになるので、ブロックの設置が簡単に、精度良く
    積み上げることができます。

 

Cブロック背面に砕石を充填するので経済的であり、排水性に優れている。

 

D曲モーメント、せん断力に対して必要な断面力を有する。

 

E環境影響に配慮した、魚類配慮タイプや緑化配慮タイプもあります。

 

 

 

施工手順

 

 

 

 

 

 

採用事例

 

 

河川[鳥取県] 急傾斜対策[神奈川県]

 

 

道路[静岡県] 造成[熊本県]

 

 

 

 


 

 

ブロック間を鉄筋コンクリートで一体化した大型ブロック積擁壁

NSSブロック

従来のもたれ式擁壁に比べて、
コンクリートボリュームの削減、コスト削減が可能

 

 


 

 

東開クレテック株式会社 ヒロセ株式会社 販売代理店 です。

 

 

 


 

 

ヒロセ株式会社の技術・工法・製品に関するお問い合わせは、

東開クレテック株式会社 営業本部 松本 まで
TEL. 024-962-2282   /   FAX. 024-962-4303