[ 0028 ]      [ヒロセ 補強土工法]                                                                                 [財団法人土木研究センター 建設技術審査証明取得]

スーパーダグシム工法

 

スーパーダグシム工法スーパーダグシム工法は、EPルートパイル工法と同様、自然斜面や地山の崩壊を防ぐための補強工法です。

EPルートパイル工法では、地山に一旦鋼管で孔を開けた中に鉄筋の芯材やグラウトを充填するという、@削孔A芯材挿入Bモルタル注入Cケーシング抜の4工程により行われていましたが、
   スーパーダグシム工法ではこれらの作業を全て同時に行います(同時削孔注入方式)。

スーパーダグシム工法スーパーダグシム工法は財団法人土木研究センターにより、地山補強土工法「スーパーダグシムシステム」として、平成15年に建設技術審査証明を取得しました。

道路の法面補強や表層の崩壊防止、土留めなどに用います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

主な特長

 

 

@同時削孔注入システム
    ● 削孔と同時にグラウトを注入することで確実な補強材の築造が可能となり、経済性・施工性の向上を
      実現。

 

A高い信頼性
    ● 地山補強土分野において財団法人土木研究センターの建設技術審査証明を取得(平成15年6月)。

 

BEP効果
    ● 硬化膨張性の注入材とダグジムパイプの使用によりEP効果を発揮。

    ※EP(エクスパンション)効果とは、注入材として使用するモルタルが硬化膨張することにより、特殊芯材との付着力を高めるだけでなく、
       土との摩擦力も高め、特殊芯材と土の一体化を促進することを言います。

 

C高強度補強芯材
    ● 補強芯材に高周波熱処理した高強度パイルを採用。
    ● 永久目的の補強対策がより対応可能。

 

 

 

施工手順

 

 

 

 

 

 

採用事例

 

 

[広島県] [宮崎県]

 

 

[長野県] [兵庫県]

 

 

 

 


 

 

同時削孔注入方式により地山に補強材を打設する工法

スーパーダグシム工法

道路の法面補強や表層の崩壊防止、土留めなどに適用

 

 


 

 

東開クレテック株式会社 ヒロセ株式会社 販売代理店 です。

 

 

 


 

 

ヒロセ株式会社の技術・工法・製品に関するお問い合わせは、

東開クレテック株式会社 営業本部 松本 まで
TEL. 024-962-2282   /   FAX. 024-962-4303