[ 0029 ]      [ヒロセ 補強土工法]                                                                                                                     [NETIS登録CG-000014-A]

高耐力マイクロパイル工法

 

高耐力マイクロパイル工法高耐力マイクロパイル工法は、ケーシングと呼ばれる、地山に孔をあけるための高耐力の鋼管をそのまま地中に残し杭とし、橋や建物の基礎を支えたり、自然斜面や地山の崩壊を防ぐための補強工法です。

高耐力マイクロパイル工法は、マイクロパイル技術にグラウンド・アンカー工法で用いられている削孔技術やグラウトの加圧注入技術を取り入れ、異形鉄筋と高強度の鋼管(油井用継目無鋼管:API規格 N80)を埋め込むことにより高耐力・高支持力の細径杭を築造する工法です。

構造物(橋脚)基礎の耐震補強や擁壁・橋台等構造物の基礎補強などに用います。

 

 

 

 

 

 

 

主な特長

 

 

@高強度の鋼管使用により、小さな径でも大きな支持力が得られる。

 

A押し込み力と引き抜き力の両方の荷重を支持できるため、構造物の耐震補強や地すべり防止など、
    幅広い用途に用いることができる。

 

B鋼管の中に充填するモルタルは固まる際にわずかに膨張するように配合されているため、杭先端で
    地山との密着が改善され、補強効果をより高める。

 

C小型の削孔機(ボーリングマシン)のため、高い崖の上や狭い場所でも施工でき、かつ、騒音や振動
    も少ない。

 

Dマイクロパイルの杭の径が300mm以下と小さいため、地中にある障害物や既設の構造物の影響を
    受けにくく、大きな径の杭に比べ、穴を開ける際に出る土の量が少ない。

 

 

 

施工手順

 

 

 

 

 

 

適用分野

 

 

構造物(橋脚)基礎の耐震補強 塔状構造物の基礎補強

 

 

地滑りや斜面の防護 擁壁・橋台塔の補強

 

 

 

 

採用事例

 

 

橋台補強の耐震補強(施工前)[島根県] 橋台補強の耐震補強(施工後)[島根県]

 

 

 

 


 

 

高耐力・高支持力の細径杭を築造する工法

高耐力マイクロパイル工法

構造物(橋脚)基礎の耐震補強や擁壁・橋台塔構造物の基礎補強などに

 

 


 

 

東開クレテック株式会社 ヒロセ株式会社 販売代理店 です。

 

 

 


 

 

ヒロセ株式会社の技術・工法・製品に関するお問い合わせは、

東開クレテック株式会社 営業本部 松本 まで
TEL. 024-962-2282   /   FAX. 024-962-4303