[ 0034 ]

ヒロセ 重仮設資材

 

当社が取り扱う ヒロセ 重仮設資材 について概説いたします。

 

 


 

 

ヒロセ株式会社は、1938年(昭和13年)、日本初の重仮設資材リース会社として創業し、重仮設資材リース業界のパイオニアとして、常に時代に先駆けた新技術・新工法を創出し、リース業界にとどまらず、仮設橋梁や補強土工法分野においても、確かな実績を残しています。

 

土木・建築の基礎工事において、掘削した地盤を土圧や水圧によって崩されないように支持させるのが山留めです。

ヒロセ株式会社は、その山留資材として、鋼矢板・H形鋼をはじめとする土留杭やH形鋼を加工したニッケンスター式鋼製山留材を提供するとともに、建設現場にニーズに対して、早く、強く、安全で経済性に優れた商品群と供給力で応えています。

 

 

   
     
   

 

 

 

 

鋼矢板・H形鋼

 

 

土木・建築の基礎工事において、ヒロセの重仮設資材は土留材、止水材、あるいは杭材として広く使用されています。

保有量と品質は業界トップを誇り、一般的な建築工事はもとより、大規模な土木工事、鉄道、高速道路、発電所等の公共事業に至るまで、産業界の発展に大きく寄与しています。

 

 

   
   

 

 

 

 

ニッケンスター鋼製山留材

 

 

土木・建築の基礎工事において、掘削した地盤を、土圧や水圧によって、くずれないよう支持させるのが山留材です。

ヒロセは、H形鋼を加工したニッケンスター式のユニットシステムの開発を進め、現場の地形に合わせた自由な組み立てを可能にしました。

このシステムは、作業が早く・強く、施工の効率化と安全性、経済性に対応でき、多様性と美観に優れています。

 

 

   
   

 

 

 

 

覆工板

 

 

地下鉄や上・下水道工事などで地面を掘り下げたとき、路面を一時的につくりあげるのが覆工板です。

都市開発や都市整備などを推進する際、工事中の円滑な交通や安全な通行を確保するために、欠くことのできない資材です。

ヒロセの覆工板は、地下鉄の架設路面をはじめとして、橋梁やステージの床板など幅広い用途で活用されています。

 

 

   

 

 

 

 

ガードワン

 

 

新しい形の架設ガードレール(H型鋼付架設ガードレール)で、短期間での設置が可能です。

 

 

   

 

 

 

 


 

 

早く、強く、安全で経済性に対応した商品群と供給力

ヒロセ 重仮設資材

鋼矢板・H形鋼、ニッケンスター鋼製山留材、覆工板、ガードワン

 

 


 

 

東開クレテック株式会社 ヒロセ株式会社 販売代理店 です。

 

 

 


 

 

ヒロセ株式会社の技術・工法・製品に関するお問い合わせは、

東開クレテック株式会社 営業本部 松本 まで
TEL. 024-962-2282   /   FAX. 024-962-4303